【受験生夏が終わったらやるべき事】 | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール中目黒校|東京都

ブログ

2021年 8月 16日 【受験生夏が終わったらやるべき事】

こんにちは平松です。

夏休みも終盤戦ですね

ラストスパートもしっかりと決めていきましょう

校舎は変わらず8:00開館です

助手一同皆さんの朝登校をお待ちしております

 

今回のテーマは「受験生 夏が終わったらやること」です

夏休みも終盤に差し掛かっているこの時期にぴったりな内容となっているので

ぜひ見てってください

 

それでは行きます

 


 

結論以下の2つです

 

・振り返り

・実行

 

まず振り返りに関して

 

模試後面談で決めた学習計画を振り返りましょう。

6月全国統一高校生テストが終わった後に副担任の先生と面談を行い

次回模試の目標得点とそれを達成するための学習計画を立てたと思います

 

その計画に関して2つの確認を行っていただきたいです

1.そもそも学習計画通りに勉強をすることが出来たのか

2.計画通りに進めた上で目標得点は取ることが出来たのか

 

1の段階で「いいえ」な人は

・何故そうなってしまったのか

・次そうならないためにはどうしたらいいか

 

を考えて次回以降の学習に活かしていきましょう。

 

(例)

<結果>

学習計画通りに進められなかった。

<なぜそうなったのか>

1.イレギュラーに対応できる予備日がなかった

2.時間が足りなかった

<次そうならないようにどうしたらいいか>

1.イレギュラーに対応できるように予備日を週に1日設ける

2.使える時間を最大化するため

 朝に2時間、校舎から家に帰って2時間勉強するようにする。

 通学時間・ドライヤーの時間、歯磨きの時間を学習に充てる。

 

2の段階で「いいえ」だった人は

いま行っている学習が「足りていない」か「ずれている」可能性があります。

量に関してはさておき、学習計画がずれていた場合は要注意です

課題に対して効果的でない学習になってしまう恐れがあります。

 

学習がずれている場合は課題に対する原因をずれて認識している場合が多いです。

例えば、英語の長文が苦手という課題1つをとっても

単語、文法、構文、演習量 など様々な原因が考えられます。

 

なので、もし「ずれているかも」と感じた方がいたら

課題に対しての原因の特定と、それを踏まえた上での学習

この3つがきちんとつながっているかぜひ点検して

必要に応じて新たな学習計画を立ててみてください

 

 

次に実行に関してです

振り返りで決めた学習計画を実行しきりましょう

その際に仕組化を意識すると上手くいくと思います。

 

どういうことかというと、

帰宅後の学習がなかなか続かないという悩みがあるのであれば

・友人を巻き込む。(無言電話を繋ぎ監視し合う) 

・タイムラプス動画で動画を取る

・家族に宣言する

・校舎の公式lineに勉強開始したらメッセージを送る

などです

 

モチベーションの有無にかかわらずそういう仕組みにしてしまいましょう

勉強をモチベーションに頼るのでなく仕組みにゆだねればやらざるを得ない事になります

なのでみなさんもぜひ仕組化をして実行しきりましょう!

 

今回のブログは以上になります。引き続き夏休み後半戦、力を入れていきましょう!!!

 

担任助手4年 平松将