共通テスト模試の復習 数学編 | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 5日 共通テスト模試の復習 数学編

こんにちは!

担任助手4年の池内です!

最近暑くなってきましたね、

半袖の季節が来たーって感じです。

 

さあ、6月ももう5日経ちました。

勉強の調子はどうですかー?

6月12日には

”全国統一高校生テスト”

がありますね。

精一杯実力を出し切ってきて下さい!

 

模試は復習までしっかり行うことで

受けた意味が出てきます。

ということで今日は

共通テスト模試の数学の復習の仕方

について書こうと思います!

 

まずは、その日のうちに自己採点をしましょう!

採点が終わったら分析に移ります。

なぜその点数になったのかということについて考えましょう。

 

考えられる原因は大きく

①時間不足

②実力不足

③ミス

に分けられると思います。

 

共通テストの数学は量がかなり膨大です。

そのため、まずは解説を見る前に

時間を無制限にして解き直してみてください。

それでできた問題は、時間があれば解けたものです。

先ほど示した①に該当します。

その他は基本的に②の実力不足に該当します。

 

では結果の分析ができたところで、次のステップ

点数を上げるための行動に移ります。

①のように時間が足りなかった場合、すべきことは

・時間配分の作戦立て

・基礎問題、定石問題の演習

時間が足りなかったのなら、次回以降はどのような

ペース配分で取り組めばいいのかを考えてみて下さい。

また、1問に時間がかかりすぎてしまうのなら、

基礎が十分に固まっていない可能性が高いです。

時間をかけ過ぎてしまったなという分野については

もう一度公式を見直したり、演習をしたりしてみて下さい。

 

②の実力不足によって解けなかった問題については

知識がないor知識はあるけど実践にはまだ

という範囲の問題だと思います。

知識がないなら教科書や授業で内容を勉強。

実践がまだというなら、その範囲の核となる問題を

確実に理解し、その他の問題にも繋げられるようにしましょう!

 

数学に関してはこんな感じです。

もっと詳しく知りたかったら校舎で聞いて下さい!!

 

もう一度言いますが、模試は復習が命です。

結果に一喜一憂しすぎず

復習を重ねて成績アップに繋げましょう!