共通テスト模試の復習 物理編 | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 6月 7日 共通テスト模試の復習 物理編

担任助手1 年

小林永弥(こばやしえいみ)です。

 

全国統一高校生テストが5日後に迫ってきましたね!

模試は「受けて終わり」にしてはいけません。

復習こそが本番です!!

 

ここから自分語りになりますが…

私は、この東進ハイスクールに高校2年生の11月に入学しました。

そして入って1ヶ月後にはじめて

12月の共通テスト本番レベル模試を受けました。

 

その模試で、なんと、、、

物理の得点が 18点!!

そうです。大の苦手科目でした。

 

しかし、そこから努力を尽くし

共通テスト本番では物理で77点取ることができました!

点数はまだまだですが、59点の伸びは自分でも誇らしいです。

 

ここで私の物理の得点をあげる

3つの復習方法

を紹介します!

 

ステップ1

「習った覚えのない問題は復習しない!」

復習において大切なのは、

解けるはずだった問題を落とさないことです。

新しい範囲には手を出さなくてOK!

 

ステップ2

「間違えた問題の分野は基礎からとことん復習!」

模試の復習は解答をパッと見るだけでは意味がありません。

物理は根本から理解するのがベターです。

公式・基礎問題から見直しましょう!

 

ステップ3

「復習はoutputまでがセット!」

解説授業を見てinputだけで終わらせると身につきません。

復習したら問題集を解いたり、

講座テキストの練習問題を解き直したりしましょう。

できるだけ同じような出題ジャンルの問題を解くと

確実に実力UPにつながります!

 

模試が終わったら、

必ずこの「3ステップに沿って

復習をしましょう!

 

みなさんの模試成績がぐんぐん伸びることを願って!

 

いい結果が聞けるのを待っています。