私の勉強頑張ったエピソード 〜小林永弥先生〜 | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 4日 私の勉強頑張ったエピソード 〜小林永弥先生〜

 

 

おはようございます!

担任助手1年の小林永弥(こばやしえいみ)です

 

やっと……!

昨日私の通う東京理科大学でも、期末試験が終わりました。

 

入学時から教授に「うちは単位をとるのが難しいよ〜」と脅されていましたが

全くそんなことはありませんでした。

まだまだレポート課題も残っているので、、

気を抜かず学校生活を送ります!

 

本日のトピックは私の勉強頑張ったエピソードです!

 

いつかの東進ブログでお話ししましたが、

私は東進に入学する前は全く勉強せず

部活ばかりする毎日を送っていました。

 

そして高2の11月、部活を引退して

満を持して東進ハイスクールに入学しました。

 

しかし、高3の夏。

7月に過去最悪の  病み期  に突入してしまいました…

 

毎日通っていた東進にも、3週間登校せず。

家で食欲もなくただひたすら寝る。

でも夜は寝付けず、お昼に寝て、夜は泣く毎日。本当に最悪でした。

 

私が登校していない期間も、周りは勉強します。

病み期から復活してからは

とにかく受講!受講!受講受講受講!

東進の授業を受けまくる!

周りの友達はすでに受講を終わらせ、過去問演習に入っていました。

 

その焦りもあって、

1週間で

「受講40コマ+修了判定テスト15こ」

受けました!

 

東進ハイスクールに通っている生徒ならどれだけエグいことかわかるはず…

受講が1コマ90分で、修了判定テストは20~30分程かかります。

自分で言うのもなんですが、

すごいです。。すごい。。。。

 

溜まっていたエネルギーが爆発してしまいました。

それからは、みんなに追いつくことだけ考えて

とにかく勉強しました。

目標がはっきりしている分頑張りやすかったです。

これが底力。

 

大学受験で本気で出したという経験になりました。

今でも、自分のポテンシャルとして

自信につながっています。

 

大学受験は、受かるだけがゴールじゃないですね。

 

今は辛いかもしれない。

けれど、その辛さが本番の自信に変わります。

今辛くない人、そのままでいいの?

 

ぜひ、この夏を

過去最高の夏 にしましょう。