校舎の様子 | 東進ハイスクール中目黒校|東京都

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール中目黒校 校舎長 山本 君司

東進ハイスクール中目黒校校舎長の山本君司(ヤマモトクンジ)です。「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ことが東進ハイスクールの教育目標です。高校生のみなさんにとって大学受験という人生の関門は、自分自身の限界に挑戦する貴重な機会となり、学力をあげることのみならず人間として大きく成長することができます。目指す大学は関係なく、達成したい目標に向けて試行錯誤し自分自身で考え行動することが、みなさんの自主性を育みます。また、そんな努力の末に第一志望合格をつかみ取ることができれば、それはみなさんにとって努力の成功体験となり、人生の糧となること間違いなしです。中目黒校のスタッフは、頑張るみなさんの伴走者となって、一緒に第一志望校合格をめざします。スタッフ一同、校舎でみなさんのご来校をお待ちしております。

担任助手の紹介

中村 壮吾 くん 慶應義塾大学 経済学部
私立 広尾学園高等学校 卒 東進ハイスクール自由が丘校 OB
中村 壮吾くん 慶應義塾大学 経済学部
担任助手として一言
「自分は本当に第一志望校に合格できるのだろうか」受験生が抱える最大の悩みに対して、論理的に合格までの道筋を描き、頑張る背中を全力で押したいと思っています。試験は一人で受けるけど、受験は孤独じゃありません。両親、友達、東進の先生、色んな人がこれから皆さんの背中を支えてくれます。僕もその背中を支える一員として、1人では難しいことを一緒に頑張って乗り越える、そんな存在になりたいと思っています。第一志望校合格に向けて一緒に頑張ろう!
関端 里菜 さん 明治大学 経営学部
私立 朋優学院高等学校 卒 ダンス部 東進ハイスクール武蔵小杉校 OG
関端 里菜さん 明治大学 経営学部
担任助手として一言
受験勉強では、苦しく悔しい思いをたくさんすると思います。そんな時に周囲の人に支えられていることに初めて気づきます。私は辛い時、共に切磋琢磨した東進の仲間と、常に支えてくれた担任助手の方がいたから立ち上がることが出来ました。一人で抱え込まずに一緒に頑張りましょう。最後の最後まで応援します。受験が終わった時には、成長した実感を伴うような、そんな受験にしていきましょう!
川内 優人 くん 早稲田大学 法学部
県立 多摩高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール武蔵小杉校 OB
川内 優人くん 早稲田大学 法学部
担任助手として一言
大学受験はとにかく全力で頑張る絶好の機会です。受験勉強で学ぶことは大学以降での成長の基盤となります。今の努力が必ず実を結ぶと信じるマインドを持てれば、高いモチベーションを保ち、苦しい時期を乗りきることができます。自らの経験を生かして、全力で皆さんのサポートしていきます。これから一緒に頑張りましょう。

→もっと見る

小川 祥汰 くん 慶應大学 経済学部
私立 桐朋高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール青葉台校 OB
小川 祥汰くん 慶應大学 経済学部
担任助手として一言
5年目になった担任助手経験の中で、様々な生徒を見てきました。目標を見つけ目の色を変えて頑張る生徒、努力する楽しさを覚えた生徒、高校受験で惜しくも第一志望校に合格できなかったことから、大学受験で人生を変えてやると覚悟を決めた生徒など、そんな輝いた目を持つ生徒をたくさん育て、背中を押してきました。中目黒校という新たな校舎で、人生を変える経験を一緒にしていきましょう。
小川 恵 さん 立教大学 文学部
県立 川和高等学校 卒 吹奏楽部 東進ハイスクール青葉台校 OG
小川 恵さん 立教大学 文学部
担任助手として一言
第一志望校合格という大きな目標を達成する秘訣は、小さな目標を設定して一つずつ確実にクリアしていくことにあります。小さな成功体験を積み重ねていくことで、大きな目標に対しても「できるかも、頑張ろう!!」と思えるようになっていきます。できることを増やしていって、憧れの第一志望校に合格しましょう。そんな目標に向かって一歩一歩、一緒に歩いて行きましょう。
鬼塚 晃弘 くん 明治大学 理工学部
県立 多摩高等学校 卒 野球部 東進ハイスクール武蔵小杉校 OB
鬼塚 晃弘くん 明治大学 理工学部
担任助手として一言
基礎基本の徹底、これこそが受験勉強で学んだ人生の教訓です。小手先のテクニックでは通用しない人生の難関だからこそ、自分と向きあい、本物の力を身に着けることが必要です。基礎基本がちゃんとしていれば応用がきいて、どんな問題にも柔軟に対応することができます。指導ではとにかく準備を怠らないこと、凡事徹底を心がけています。そんな大変な準備をしていればおのずと結果がついてきて、次の準備を頑張ることができる人になります。受験に本気になるからこそ人生の糧になる経験が得られる機会となるのです。一緒に頑張りましょう!
伊地知 魁士 くん 青山学院大学 経営学部
私立 東京農業大学第一高等学校 卒 サッカー部 東進ハイスクール武蔵小杉校 OB
伊地知 魁士くん 青山学院大学 経営学部
担任助手として一言
ほとんど毎日サッカーにあけてくれる日々を高校の3年生の9月まで送っていましたが、①スケジュールに合わせた学習ができること ②授業を自分レベルに合わせて決められること ➂学習をサポートしてくれる担任助手がいるという東進のメリットを活用して、少ない時間で最大効率の学習を行い、第一志望校に合格することができました。部活と勉強など、やりたいことを我慢せずに全部やり切りたいと思っている人は、ぜひ一度東進ハイスクールに足を運んでください。
畑 翔也 くん 立教大学 経済学部
県立 住吉高等学校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール武蔵小杉校 OB
畑 翔也くん 立教大学 経済学部
担任助手として一言
一生に一度しかない高校生活を全力で楽しみましょう。部活も学校行事も勉強もすべてです。自分のやりたいことを、自分についてを考えすぎな位考えてください。そしてできる限りの全力で取り組みましょう。そんな経験が皆さんの力になります。本気になれる環境を求めている皆さん、東進には本物がそろっています。受験勉強を人生で一番頑張ったこと、そして人生で一番の成功体験にしてやりましょう!
小宮山 絢音 さん 保健福祉大学 保健福祉学部
県立 神奈川総合大学 卒 ダンス部 副部長 東進ハイスクール武蔵小杉校 OG
小宮山 絢音さん 立教大学 経済学部
担任助手として一言
高校2年生の8月、センター試験レベルの模試の結果はこのままでは大学に進学できないかもと思うレベルでした。模試を受けたのは気まぐれのつもりでしたが、本当は受験について不安があったこと、本当は頑張りたいことを吸い上げて本気にしてくれたのは東進の先生でした。本気になるのは遅かったけど、本気になった私を最初から最後まで応援してくれたのも東進の担任の先生でした。模試を受けるという些細なきっかけが私の人生を変えました。少しでも受験について気になることがあれば聞いてください。皆さんのご来校を待っています!!
平松 将 くん 青山学院大学 経営学部
県立 住吉高等学校 卒 バスケットボール部 東進ハイスクール武蔵小杉校 OB
平松 将くん 青山学院大学 経営学部
担任助手として一言
受験勉強は自分との闘いです。自己責任だから辛いこともありますが自分を試す場として貴重な経験となります。試験までの与えられた時間は全員平等です。長いようで短い受験生活をいかに過ごすかはあなた次第です。大事なことは志望校への強い意思を持ち続け、辛いけど正しい努力を続けることです。いつでも相談にのります。一緒に頑張りましょう。