【座右の銘~隣人愛~】畑翔也 | 東進ハイスクール中目黒校|東京都

ブログ

2020年 12月 18日 【座右の銘~隣人愛~】畑翔也

こんにちは、こんばんは。畑翔也です。

クリスマスが近づいてきたのでラ・ラ・ランドを見直しました。

セブとミアの別れ話の「君は優越感の為に不遇の僕を愛した」というセリフがなぜかすごく印象的です。

今回のブログテーマは座右の銘です。何個かそれっぽいのがありますが、今回はベースになってるものを話したいと思います。座右の銘ということでわざわざ名前をつけるなら「隣人愛」という言葉になると思います。「周りの人を大切にする」ってことですね。

こう考えるようになったのは家族や友人かの影響が大きいです。父親は私に勉強ができるようになれ、とかいい成績を取れ、とか言われた事がなく、勉強ができなかった事で怒られた事は一度もありません。ただ「友達を大切に」とか「友達との約束を守れ」とかそういう事にはすごく厳しかったです。(男なら〜とかが口癖の世代の人です。キャロルと永ちゃんが好きです)

私は両親が共働きで幼少期は祖父母といる時間が多かったのですが、めちゃくちゃに愛されてます。物心ついた時に無償の愛ってこういう事なんだな、という風に思いました。愛されていたからこそ自分がどうすればいいのかが分かったのだと思います。

後は高校で出会った友人です。彼と出会って、友達を思う事で得られる精神的な繋がりを感じる事ができました。話すと熱く、長くなりすぎるので語りません!

こんなように家族や友人の影響を受けながら「思う」という能動的な行為が最終的に自分を豊かに満たしてくれる事を知っていきました。そんな感じで自分の座右の銘は「隣人愛」という事になります。

担任助手4年 畑翔也