共通テストを受けよう! | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール中目黒校|東京都

ブログ

2021年 12月 10日 共通テストを受けよう!

こんにちは!担任助手4年の川内です!

いつの間にか12月になっていて、年々冬がより一層寒くなっている気がしてます。

寒くなってきたということは、同時に入試も近づいてきていることでもあって受験生にとっては緊張感がものすごく高い時期なのではないのでしょうか?

その一方で、現高2・高1生は受験に対する準備をできていますか?

例年のことではありますが、多くの高1・2生は勉強時間よりも部活や遊びの時間が多いのかなと感じてます。実際に自分自身も、高校2年生の今頃は部活に明け暮れていた時期なので、勉強はあまりできていませんでした。というよりも、受験や勉強に対する危機意識があまり高くなかったです。

でも、今高校生を見守る立場として大学受験にかかわってみると、この時期から勉強することや模試を受験して成績を伸ばしておくことは非常に重要だと感じます。

それはなぜか。

大学受験の結果の半分は1年前の成績で勝負が決するからです。

もちろん、高3になってからの学習を否定しているわけではなく、むしろその努力がある前提ですし、自分もいわゆる逆転合格といわれる形だったので、志望校を途中であきらめるべきではないと考えています。

ですが、第一志望校に確実に合格するためには、1年前の時点でどのぐらいの成績を収められるかが非常に重要であることも事実です。

なぜかを簡単に説明すると、高3になったらみんな努力するからです。今皆さんが思い描いている第一志望校を目指しているライバルは全国に数えきれないほどいます。そして、その全員がもれなく高3の4月には「そろそろ勉強しなきゃ」と感じて志望校合格に向けて勉強を始めます。夏までには多くの部活生が引退して、これまで文武両道で頑張ってきた人も勉強一本に絞ってより一層時間を費やせるようになります。

つまり、高3になってからあなたが頑張って勉強したとしても周りのライバルたちも同じように頑張っているから差を生み出しづらいのです。そのような状況で周りの人よりも上回るにはものすごいエネルギーが必要です。

逆に裏を返せば、多くの高校生にとって受験勉強に向けてスイッチを入れるタイミングは、高3の4月なので、それまではそこまで本格的に始動していない場合が多いのです。

高2のうちがチャンスなんです!

だからこそ、今なんです。今から受験に向けて勉強を始めれば、周りのライバルから一気に差をつけるチャンスになって、おのずと第一志望校にいける可能性が広がってきます。そして、1年前時点での成績をきちんとあげておけば、今考えている第一志望校よりもさらに上のレベルを目指せるかもしれません。今始めることでチャンスは無限に広がっていくのです!!

というわけで、このブログを読んでくださった皆さんには、ぜひ共通テスト同日体験受験を受験していただきたいと思います!この試験は、来年1/15.1/16に行われる共通テストと同じ問題を受験生と同じ日に行う試験です。

これを受けていただくことで、現在のみなさんの立ち位置がわかると思います。そして、ただ受けるだけではなく、この模試に向けてあと約1か月間、成績を上げるための勉強をすることができれば、非常に素晴らしい受験勉強のスタートを切れると思います!

東進では、この共通テスト同日体験の受付と冬休みの間の冬期特別招待講習の受付を行っています!冬期特別招待講習は東進の授業を無料で体験できる機会になっているので、まずはここで受験勉強を始めて、その成果を共通テスト同日体験受験ではかってみましょう!そうすれば最高の受験勉強のスタートになると思います!!

担任助手 4年 川内優人