共通テスト同日体験受験の話 | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール中目黒校|東京都

ブログ

2022年 1月 1日 共通テスト同日体験受験の話

 

こんにちは。

2022年一発目のブログということで、身が引き締まる思いです、伊地知です。

気持ち新たに、今年も頑張っていきましょう。

 

受験生はいよいよ受験本番が近づいてきましたね、

勉強はもちろんのこと、体調管理等気をつけていきましょう!

 

さて、あと2週間ほどで行われる共通テストですが、

低学年の皆さんにとっても非常に重要な試験となります。

今回は、共通テスト「同日」体験受験を受ける意義についてお話ししていきたいと思います。

それではどうぞ!

 

 

私が考える、同日体験受験の意義は2つです。

①志望校合格に向けての重要な指標になる

②本番の試験をそのまま体感できる

 

①について、

低学年の皆さんは、学校や塾で定期的に模試を受けたことがあるかと思います。

東進に通っている人は2ヶ月に一回、共通テストレベルの模試を受けますね。

もちろんこの模試は非常に重要で、自分の学力レベルを測るために必要なものですが、

どうしても本番の共通テストとは多少の難易度の違いが出たり、出題分野の違いが出てしまうことがあります。

ですが、同日体験は本番の試験を解くことになるので、

より正確に自分の学力レベルを測ることができます。

また、受験生の平均点などの数値もよりリアルなものになるので、

自分の点数との比較が、よりしやすくなります。

受験本番まであと1年、2年という節目のタイミングで、

正確に自分の学力を知ることができる機会は非常に貴重です。

 

②について、

単純に本番の問題を体感できるという点では①で話した通りなのですが、

改めて念を押すのには理由があります。

それは、「共通テスト自体が新しい試験だから」です。

去年から採用された試験なので、高校生の皆さんにとっては馴染みのない試験です。

ということは、出題傾向や難易度のデータなどの蓄積が少ないということです。

そのため、他の人よりも多く、早く共通テストに触れることが重要になってきます。

年に1回という貴重な機会を使って、早めに慣れておくことが大切ではないでしょうか。

 

せっかく本番の試験を受けられる貴重な機会です、

ぜひ皆さんも受験して、自分の受験勉強に活かしてください!

 

伊地知魁士