共通テスト模試復習 英語 | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 25日 共通テスト模試復習 英語

皆さん! 突然ですが、模試を受け終わった後、その日のうちに復習していますか?

模試の復習は早ければ早いほど良いです。なぜなら、模試を終わった後は自分が受けていた時の記憶が新しいため、分からない問題を確認しやすいのに加えて、記憶が定着しやすいからです。

5月22日に模試を受けた皆さん!まだ復習していない人は一刻も早く復習をしましょう!

今回は、共通テスト模試の英語の復習法についてお話します!復習のポイントは主に3つ

①解き方の確認

リーディングの問題はすべての問題が長文のあとに設問が2~5個くらいあります。

みなさんは設問を先に読むことはできていますか?解きやすい方法は人それぞれなため、必ずというわけではないですが、設問読んで、何を聞かれているか把握してから、その情報を見つける読み方をすると効率がいいです

②文章内容の確認

次に解説授業などを見て文章内容を確認することが大事です。理解できない文章があったならば、なぜその文章が読めなかったのかを分析する必要があります。わからない単語があった場合は書き出すなどとしてすべて覚えるようにしましょう。共通テストに出てくる単語はほとんどが基礎単語なので、わからない単語をなくす必要があります。

また、文章内容を把握したら、音読をして理解を深めるとパーフェクトな復習になります!

③次回の模試の得点を伸ばすための分析

①、②の復習を終えたうえで模試の得点を踏まえ、勉強方法や内容を見直す必要があります!これが模試の復習において一番大切なところです。

時間が足りなかったならば、音読の時間を増やすとか、わからない単語があって問題がとけなかったならば、単語に触れる時間を増やすなどと具体的に分析することが大切です。

ただ、単語を勉強するなどとアバウトな勉強法ではなく、一日に何個触れるとか、次の模試までに単語帳を何周するなどと具体的な勉強方法を考えることが大切です。

みなさんも復習をする時は上記の3つのポイントを意識してみてください!