当日に向けた心構え | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 1月 13日 当日に向けた心構え

みなさんこんにちは!

寒い日が続いていますね…!体調大丈夫でしょうか!

毎年共通テストの時期は東京でも雪が降ることがあり、とにかく受験生が無事に、遅延などもなく受験を終えられるよう祈るばかりです…

さて、いよいよ受験本番が近づいてまいりましたので、今回は

本番に向けてどのように過ごしたかの個人体験記と、

経験を踏まえた当日の心構え、を

お話ししてみようと思います!

 

I. 私の共通テスト体験記

正直、共通テストの前日は人生で一番緊張した気がします。

緊張、というよりかは「ついにこの日が来てしまう…来てしまった…」

なぜかそんな感覚でした。

 

前日にやったことは主に5つです。

①最後でもあがいて意味のありそうな暗記系項目の復習

②持ち物の確認

③受験仲間同志での激励と感謝

④持ち物の確認

⑤心を落ち着ける

 

はい。言うまでもなく持ち物の確認は本当に何回もしてください

受験票、カイロ、お守り、参考書…何か一つでも自分が予定していたものと違う!となると自分が焦ってしまうと思います

安心して、自信をもって臨めるようにするためにも、まずは自分で環境を整えましょう。その第一歩が持ち物確認だと思います!

 

さて、それ以外の詳しいスケジュールとしては、おそらく夕方くらいまでは①で、そのあとはひたすらに②の受験仲間同士で「これまでありがとう」「明日がんばろうね」とお互いを応援していました。これは今でも忘れられない大事な思い出です。ぜひ皆さんもエールを送り合ってください☺︎

 

そしてそして全ての準備が終わった本当の夜は、自分の好きな音楽を聴いて、ひたすらに自分を落ち着かせていました笑

 

以上、私の受験本番までの体験記でした!

 

II. 当日の心構え

当日はきっと、4年大人になった今受けるとしても、恐ろしく緊張すると思います。

とはいえ、一度経験はあるからこそ心構えは少し違うのかな…と思います。

ということで、もしも今私がもう一度本番を迎えるとしたら、

当日意識することはずばり、切り替えです。

 

本番というのは何があるかわかりません。今までだったら自分が絶対落とさないような問題をど忘れしてしまう、わからなくなってしまう、など、自分でもなんで!と思ってしまうこともあると思います。

 

しかし、それを科目が終わっても引きずってしまったり、2日目になっても引きずって実力を出せないのはもったいないです。

 

ですので、一つの科目が終わった小休憩では音楽を聴く、次の科目の最後の詰めに全集中するなどして切り替え1日が終わり採点もし終えたら、わかったところはわかった、わからなかったものはわからなかった、として即日復習用に付箋などでチェックをして、これもまた切り替え!を大事にしていってほしいと思います。

 

それでは!みなさんのご健闘をお祈りしています!!!

担任助手一同応援しています☺︎