損しません! | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール中目黒校|東京都

ブログ

2022年 1月 5日 損しません!

 

あけましておめでとうございます。

皆さんは今年、おみくじを引きましたか?

私が受験生だった時は、合格祈願のためにお参りに行きましたが、

本番で少しでも運を残すためにおみくじをひかなかった記憶があります。

今年はちゃんと引いてきましたよ!

悪くない運勢だったので気持ち良く2022年を過ごせそうです。

 

さて、クリスマス、お正月が過ぎ、冬休みもそろそろ終わりを迎えようとしていますが、

次のイベントは何でしょうか?

 

このブログを読んでいる方には繰り返しになってしまうかと思いますが、

そうです、

ついに来週末に迫った共通テストです。

東進では、この共通テストの日に低学年の方を対象とした

共通テスト同日体験受験」を実施します。

その名の通り、受験生が実際に受けた共通テストを同じ形式で解くイベントとなっています。

 

「共通テストを本格的に受験生として勉強する前にうける意味って何だろう。」

と感じる方もいらっしゃると思います。

そこで、私個人としての共通テストを低学年のうちに受ける意味について話します。

受ける理由はシンプルです。

受けて損する理由が見つからないからです。

 

受けて得するポイントを簡単に挙げてみます。

無料で受けられる。

当時の私からすれば、無料で受けられて、採点までしてもらえるのはメリットしか感じませんでした。

②受験に対して行動に移そうという気持ちが増す。

勉強しなきゃと皆さんも常に感じてはいると思いますが、なかなか行動に移せないということが多いのではないでしょうか。共通テストで自分の実際のレベルを把握することで、勉強しなきゃの気持ちがかなり高まります。勉強に熱を入れ始めること早まるに越したことはないので、自分のモチベーションに火をつけるいい機会になると思います。

③受けることで知れることが多い

本番と同じ問題を解くだけでなく、会場や試験時間等も本番に近づけています。

大勢の人と一緒に試験を解く緊張感や、試験時間の長さを味わえるのは、

同日体験受験を受けなければ知れないことだと思います。

こういった空気感や試験の時間に対する体感を学べるのであれば受けたほうが得ではないでしょうか。

 

以上の三つが私の考える得するポイントです。

受けなかった場合、これらの得を逃すことになります…

そう考えると同日体験受験を受けることは、十分に意味があるとおもいますよ!

会場の座席数も残り少なくなっています。

まだ同日体験受験にお申込みされていない方は今がチャンスです!

是非、自分のモチベーションアップのためにも受けてみてください‼