【高3生、夏休みラストスパート~小宮山先生~】 | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール中目黒校|東京都

ブログ

2021年 8月 13日 【高3生、夏休みラストスパート~小宮山先生~】

 

こんにちは。こんばんは。

アイスを手放せない小宮山です。

ひと月ほど前にショートヘアにしたのですが、

連日の酷暑を過ごす中で、

この選択は英断だったと痛感しています。

 

そんな八月の今日この頃ですが、

実はもう八月が始まってから、2週間が経とうとしています。

高校3年生の皆さんに残された夏休みは【3週間を切って】います。

 

え…時間が過ぎ去るの早すぎませんか?

 

高校3年生の皆さんは、ここまでの2週間、

毎日「無駄なく」、「有意義な」学習時間を過ごすことができていますか?

一度これまでの過ごし方を振り返ってみることも大切です。

 

 

かく言う私ですが、

高校3年生の夏休みを無駄遣いしてしまった経験があります。

簡単に言うと、自分への甘さによる言い訳を続け、

勉強することから逃げ、

結果的に勉強の時間が短くなってしまったということです。

 

夏の暑さを言い訳に校舎に行かなかったり、

今しか残せない思い出だと言い張って模試の1週間前に、

友人と花火を見に行ったりしていました。

言い訳を重ねた結果、8月の模試では志望校E判定

そもそも大学に合格できるのかという不安も浮かびました。

 

「自分だけ甘えていても大丈夫だ。」

と考えている浅はかさに活を入れたくなります。

 

 

この話を聞いて、

自分も重なる部分があるかもしれない

と感じた人がいるかもしれません。

 

でもそこで落ち込んでしまわないでください!

 

私はむしろラッキーではないかなと思います。

私自身は自分への甘さに気付けなかったため

夏休みを棒にふることになってしましたが、

今ここで気付けたあなたは残りの2週間で挽回することができます!

 

自分の行動を反省して立ち止まっている時間はありません。

悔んだり、言い訳している間にも

合格に向けて学力をつけている

受験生は沢山います。

 

残りの2週間と少し、死に物狂いで勉強をしましょう。

全力を尽くしたことは必ず糧になりますよ!

 

担任助手 小宮山絢音