【大学受験での親への感謝~底抜けの優しさにありがとう~】中村 壮吾 | 東進ハイスクール中目黒校|東京都

ブログ

2020年 12月 31日 【大学受験での親への感謝~底抜けの優しさにありがとう~】中村 壮吾

 

こんにちは!


本日は12/30日。2020年終わりまであと一日。

もう、2020年も終わりとは。

過行く時間の速さに、驚きを隠せないでいますね。

 

来年がいい年になるように、残り一日、大事に生きよう。

そう心に決めた中村です。

終わり良ければ総て良しです。

 

 

今回のテーマは

「大学受験での親への感謝」となりますが、

僕が親に感謝してること、沢山あります。

でも、受験期に親にしてもらった中で一番感謝していること

それは!!

「親が底抜けの優しさを持っていた」

ことです。

 

親の優しさとは様々なタイミングで感じることができましたが、受験ほど感じたことはありません。

 

まず、塾や参考書、僕が勉強するのに必要なもの全てを、買い揃えてくれたこと。

そして、受験料や学費、入学金などのお金を支払ってくれたこと。

大学生になり、アルバイトをしたからこそ、そのお金を躊躇いなく払ってくれたことに感謝感激です。

そして、金銭面以外にも親に感謝していることがあります。

 

受験の時、駅まで送ってくれたこと。

体調の悪いときは暖かいお粥を作ってくれたこと。

僕が帰ってくると、テレビを消してくれたこと。

たまに、日本史などの問題を出してくれたこと。

応援してくれたこと。

支えてくれたこと。

自分達のやりたいことを我慢して、僕の受験に全身全霊を注いでくれたこと。

それは底抜けの優しさだと思うし、

親の愛情だと思います。

 

その優しさに、心の底から感謝して

いつか返せたら良いなと思います。

親に感謝することは他にも沢山、本当に沢山あります。

もっとあげたいところですが、これ以上は気恥ずかしいし、いつかちゃんと親に伝えようと思うので、辞めます。

ただの感謝を述べただけになってしまいましたが、

これを読んでいる受験生の皆さん。

皆さんもきっと、親御さん達の協力があり、受験に挑むことになると思います。

それに深く感謝をして、必ず恩返しをしましょう。

最初の恩返しは、合格です。

人は、誰かのために頑張るのは得意と言います。

親に恩を返すためにも、一生懸命勉強しましょう!!

 

さて、

前の方々も書いてありましたが、

このブログを

親が読んでないことを祈って。

 

担任助手4年 中村 壮吾