【私のターニングポイント】伊地知魁士 | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール中目黒校|東京都

ブログ

2020年 12月 2日 【私のターニングポイント】伊地知魁士

 

こんにちは、伊地知です。

本日も引き続き、「私のターニングポイント」です。それではどうぞ!

 

僕のターニングポイントは、就職活動です。

高校生のみなさんはまだ先の話なので、あまりピンと来ない方も多いと思います。

そこで、まず初めに「就職活動とは」を簡単にお伝えしたいと思います。

「就職活動は、自分の20数年の生き方を立ち止まって考えて、次の40-50年の生き方の方向性を決める場。自分らしい生き方を再定義すること。」(Twitterより引用)

つまり、就職活動=自分を知るということです。

ここで必要になるのが、自己分析という作業です。幼少期から現在までの人生を振り返り、自分の中での一貫性や変化(特に一貫性がある部分)を知ることが目的です。僕にとって、この作業がとても大きなポイントだったかなと思います。

 

自分だけでは見えないことや思い出せないことは多々あるので、家族や友人に手伝ってもらいながら作業を進めていく過程で、自分の中で一貫していることは「何かを作り上げることの楽しさ」だということに気付きました。

小さい頃からモノレールや図工・美術の授業、合唱や劇、自由研究など、昔から何かひとつのものを作り上げることが好きでした。特に夏休みの自由研究はほぼ毎日学校にこもって作業していました。

正直作業している時は、「自分はこれが好きだ!」という確固たる意思があったというより「なんとなく楽しいから没頭してしまう」という感じで、時間が経つごとに無意識化されていました。

ですが、自己分析という機会を使って自分を振り返った時、自分の原点のような部分に改めて気付くことができました。

 

もともと就職活動では街づくりを行う業界を見ていたのですが、そういった企業に入ったとしても自分が携わることができるのはもちろん全てではありません。そう考えた時に、段々と「自分でやってみたい」と思うようになりました。最終的には就職という道ではなく、専門学校への進学という道を選びましたが、就職活動、もっと言うと自己分析がなかったらこのような選択はできていなかったと思います。

 

長々と自分語りをしてしまい申し訳ないです。

自分はまだまだ人生経験が浅いので、この選択が正しい!間違ってる!ということは言えませんし、分かりません。
ですが、今自分が思うベストの選択ができるようにすることは本当に大切だなと感じています。(畑先生が言っていたように、周りの人の支えがあることは忘れてはいけません)

将来皆さんが自分で納得できる選択を取れるように、大学受験を通して僕たちもサポートしていきたいと思います。一緒に頑張りましょう!

 

担任助手4年 伊地知魁士