ブログ | 東進ハイスクール 中目黒校 大学受験の予備校・塾|東京都 - Part 2

ブログ 

2023年 1月 14日 明日は共通テスト本番 ver.池内

 

こんにちは!

担任助手4年の池内です。

 

本日は1月13日

共通テスト前日ですね。

受験生のみなさん、今日まで本当に頑張ってきたと思います。

今までの努力を全部ぶつけてきてください。

 

もちろん本気で向き合って頑張ってきた分

緊張していることだと思います。

ただ、ひとつ言えることは

このブログを読んでいる人は大丈夫でしょう。

前日にこれを読むくらいの心の余裕があるので。笑

 

ここから共通テストに向けてできることは2つあります。

 

①最後の最後の追い込み

直前まで勉強することをやめないでください。

直前に見ていた内容が本番に出題されたという話を

何回も耳にしています。

その1点で合否が変わることもあります。

1点でも多く点数を取れるように追い込みましょう。

試験本番は休み時間が長いので

やみくもにやるのではなく、やることをしっかり決めてきましょう。

 

②コンディションを整える

能力と同じくらい大事なもの、それはコンディションです。

能力100の人が本番で8割の力を出したら結果80ですが

能力90の人が本番で9割の力を出したら結果81で

後者の方が高い数値になります。

いつも通りの生活をし、コンディションを整える。

万全の状態で本番に臨めるようにしましょう。

 

 

現役で本番に臨むことは人生で1度きりです。

本気で頑張ってきたからこそ価値の高いもの。

自分を信じて、挑戦を楽しんできてください!

2023年 1月 10日 共通テスト同日体験受験 締め切りまであと2日!

みなさま、こんにちは!

 

本日1/10(火)をもって、

 

「共通テスト同日体験受験」申し込み締め切り2日前となります!!

 

新高校3年生のみなさんにとっては受験本番まで1年前ですので、

 

より緊張感をもって受験しましょう…!

 

新高校2年生以下のみなさんは、

 

「まだ2年、3年あるから・・・」

 

と思ってしまいがちかもしれませんが、そんなことはありません。

 

新たに情報という科目の追加や、試験時間や試験範囲が大きく変化する新課程の共通テスト。

 

いままで通りの進度では間に合わないです。

 

より「先取り意識」をもって、ほかの同級生たちを追い越すつもりで学習を進めていきましょう!

 

本日のブログは以上です、校舎でお待ちしております!!!

 

担任助手3年 上田和樹

2023年 1月 7日 試験当日の過ごし方

 

担任助手1年 小林永弥です!

 

あけましておめでとうございます。

みなさんはどんな1年を過ごされましたか。

 

2022年、私は多くの人と出会い、多くを学んだ年でした。

大学受験、高校卒業、大学入学、

アルバイトの経験やサークルの活動など

とても充実した濃い日々を送ることができました。

 

さて、受験生はもうすぐ共通テスト本番です。

新高校3年生、新高校2年生も同日体験模試を受けますね。

 

そこで、今回は

試験当日の過ごし方についてお話しします。

 

試験当日、重要なことは3つあります。

 

①睡眠

②食事

③脳を動かす

 

まず、睡眠です。

 

みなさんは自分に最も適した睡眠時間を知っていますか?

人それぞれ違いますが、

私は7時間半が最も集中できます。

 

頭を休める時間をちょうどよく取る!

それが集中の鍵です。

 

眠りすぎても眠くなるし、

夜遅くまで勉強して本番を迎えても辛いだけです。

前日の予定からしっかり予定たてていきましょう。

 

そして次に、食事です。

 

試験当日の朝ごはんほど重要なご飯はありません。

その日の調子を決めるキーポイントです。

 

私は「納豆卵かけごはん」を毎回食べていました。

これは、この東進ハイスクール中目黒校の山本校舎長から受け継ぎました。

本当に美味しいし、腹持ちもいいし、最高です。

 

試験中のお昼ごはんはたべすぎないようにしましょう。

眠気は大敵です!

少ない量を回数多く食べることをおすすめします。

 

最後に、頭を動かすこと。

 

これは朝することが大切になってきます。

みなさんは、早朝頭は働きますか?

私は朝にテストするぞなんて言われたら脳が一時停止します。。。

なので、試験前は家で勉強をしてから会場へ行きます。

 

そして試験開始に余裕をもっていくことも大切です。

私は会場の入場開始時刻に行くようにしていました。

会場に慣れて、頭を動かす準備をしましょう。

 

また、科目に合った頭にする必要があります。

例えば、共通テストのリスニングの前は

私は英語のリスニング音源を聞くようにしていました。

 

試験が始まって1秒の時点で問題を理解する準備をする。

周りの生徒と少しでも差をつけられるようにしていました。

 

といった感じですね。

 

正直、受験本番は模試の感覚と同じです。

全然緊張しないし、あっけなく終わります。

 

それでも本領を発揮し、全力でやり遂げてくる!

みなさんが悔いなく本番を迎えられますように!

応援しています。

 

2023年 1月 5日 受験生に伝えたい事

🎍あけましておめでとうございます!

担任助手1年の井上布武です。

昨年は担任助手になってみなさんと出会い、とても楽しい日々を送らせていただきました。

今年もよろしくお願いいたします!

 

さて、共通テストまで残り8日となりました。

受験生は本当のラストスパートの時期ですね。

みなさんどんな気持ちで勉強しているでしょうか。

不安でいっぱいいっぱいになっていますか?もうやるしかないと吹っ切れていますか?点数が上がってきて楽しくなっていますか?

様々な思いを抱えていると思います。

今日は、そんな受験生に伝えたい事を3つ書きます。

 

①やるべきことを明確にしよう!

時間がないからといって焦って闇雲に勉強してはいけません。自分が何をどれくらいやるべきなのかを明確にしましょう。

まずは科目ごとの目標点と現状の点数を比べ、どの科目が足りていないかをはっきりさせ、優先順位をつけましょう。それから、科目ごとにどれぐらいの学習時間・内容を取るべきかを考えましょう。

時間が限られている中で、目標点まで最大効率の勉強をするように心掛けてください!

 

②勉強時間を確保しよう!

直前期に何を今更と思うかもしれませんが、直前期こそ勉強時間を意識するべきです。

冬休みも後半になり登校時間が遅くなっていませんか?ついだらだら休憩してしまっていませんか?問題を印刷しに来るときに単語帳などを持って来ていますか?

今からでも一日2時間長く勉強すれば16時間、つまり一日分長く勉強できます。

この差で不合格が合格に変わるんです。

悩んだり落ち込んでる暇があったら勉強しましょう。家でやろうと思っても不安で手が動かないかもしれません。この時期だからこそ、開館登校・閉館下校にこだわりましょう!

 

③最後の一秒まであきらめるな!

私の通っていた開成高校は毎年100人ほどが東大に合格するような学校だったので、なんでこいつが落ちたんだろうと思う友達もいれば、なんでこいつが受かったんだろうと思ってしまうような友達もいます。

世の中何があるか分かりません。

もう無理かもと思うのは勝手ですが、それでも手を止めてはいけません。

ほとんどの受験生が同じような不安を抱えながら勉強しています。

最後に笑うのはそんな不安の中でも進み続けた者のみです。

私の好きな漫画にこんな名言があります。

 

奇跡は諦めない奴の頭上にしか降りて来ない!!!!

 ”奇跡”ナメんじゃないよォ!!!!

 

ただ祈ってるだけじゃ奇跡の逆転合格なんて起きません。

試験時間残り一秒まであがき続けましょう!!!

 

頑張れ、受験生!!!

 

2022年 12月 24日 【冬期特別招待講習】12/26が最終締め切り日!!!

皆さん冬休みどう過ごしていますか?

実は冬休み期間は学校がある期間に比べて3倍の勉強量が確保できるんです!

つまり、実質

2週間→約1か月半

3週間→約2か月

となるわけです!

 

是非この大事な期間を有意義なものにしてください!

東進ハイスクールでは、現在、冬期特別招待講習の申し込みを受け付けております!

何を勉強すればいいのかわからない、勉強に集中できる場所がない等で困っている方、

是非お申し込みください!

 

お申し込みは下の画像をクリック!